製品情報 Produt Information

磁気式ロータリーエンコーダ用磁気スケール

エンコーダ

【シリーズ紹介】

磁気スケールをMRセンサのような磁電変換素子と組合せることで
下図の信号が得られます。
この信号をエンコーダに利用することが可能です。

【使用例】
【特徴】

最大ワーク寸法

Φ200mm × 20mm

着磁ピッチ

100μm~1,000μm

単ピッチ精度

0.1%

累積ピッチ精度

0.4%

高調波歪率

2%(2~7次)

アブリケーション

複数トラック、
ピッチ混在の着磁可

詳細についてはご相談下さい。



【着磁の評価】

ピッチ精度(単ピッチ、累積ピッチ)

着磁ピッチ

        基準↓

単ピッチ精度

(個々の精度)

累積ピッチ精度

(単ピッチを加算)

1

+0.05%

+0.05%

2

+0.05%

+0.10%

3

-0.05%

+0.05%

4

-0.10%

-0.15%

5

-0.10%

-0.25%

6

-0.05%

-0.30%

7

+0.10%

-0.20%

・・

|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|

単ピッチ精度・・・・・実際のピッチと理論値の差。
           その最大値(絶対値)。
累積ピッチ精度・・・・全域で単ピッチ誤差を累積したときの
           最大値と最小値の差

高調波歪率


全高調波歪率 2.0%
(3次0.57% 5次1.82% 7次0.63%)

FFT解析



【評価結果】

Φ32.6mm軸付、極数512(256λ) 着磁サンプル



■使用上の注意

■本製品に過度な温度や強い磁力を加えると特性に影響を及ぼすことがあります。

ページの先頭へ

※DXFデータは会員様のみダウンロードいただけます。

※掲載されていない製品はこちら

標準仕様品ご使用のお願い
当社ではご希望により特殊仕様品も製作しますが、カタログ記載の標準仕様品を採用していただくと価格的、納期的にもたいへん有利になります。
なるべく標準仕様品のご採用をお願い致します。尚、ご注文に際してはご注文方法を例に必要事項はもれなくお知らせ願います。
特殊仕様のご要求であっても要求内容が明確でない場合、すべて標準仕様とみなします。

注意
ポテンショメータは、精密に組立、調整されています。使い方を誤りますと、ノイズ・摩耗・断線など信頼性の低下につながり事故の原因になりますので、取扱いには充分注意してください。